タイトル
観葉植物とは
観葉植物の歴史
観葉植物の効果
一般的な育て方
種類別の育て方

病気と害虫

観葉植物とインテリア
初心者の観葉植物
Q&A
サイトマップ

最終更新日:2014/10/1

初心者にお勧めの観葉植物

このサイトで観葉植物を育ててみようと思った人も、たぶん・・、少しは・・・、きっといるかもしれません(管理人の知り合い「かなり弱気だな・・」)。そんな人たちのために、お勧めの観葉植物を教えましょう。

お勧めできるもの

スパティーフィラム

観葉植物の育て方(種類別)のページでは普通の3つ星でしたが、なぜ初心者にお勧めできるかを教えましょう。簡単に言えば、スパティーフィラムは素直だからです。

水がなくなれば、しな垂れる(水枯れ)。水が多ければ、葉先から茶色くなる(根腐れ)。光が強ければ葉の色が薄くなったり、淡くなったりする(葉焼け)。根が詰まれば、鉢底から飛び出してくる(根詰まり)。など問題の種類によって、表れる問題が変わるので、問題を特定しやすいのです。

また、育て方が上手であれば、1年以内に2回も花を咲かせます。他にも、このスパティーフィラムに限っては多くの有害物質である、アセトン、メチルアルコール、エチルアセテート、トリクロロエチレン、ベンゼン、ホルムアルデヒドの除去に優れているという発表もあり、機能的にもうれしいメリットが数多くあります

サボテン

人気もあるサボテンは、その管理のしやすさもあると思います。基本的に水やりすぎに気をつければ問題ないでしょう。サボテンは基本的に乾燥地帯に多く生息しているため、多湿を嫌います。また、寒さに強い種類があるため、雪や氷ができない所(沖縄とか)では、1年中外に出していても問題ありません。冬の水やりは、1、2ヶ月に一回の割合で断水気味にしましょう。

ウォーター・マッシュルーム

きのこに似た葉を伸ばすためこの名前がつけられました。日当たりを好む水生植物ですが、真夏はハイドロカルチャーなど水の入った容器は水が高温にならないように気をつけて、涼しい場所に置きます。耐陰性があるので、明るい窓辺でも育てる事ができます。耐寒性は3度ぐらいと比較的強く、室内の窓辺などの明るい場所に置けば大丈夫です。

水を貯めている容器には水をつねに貯めて育てるようにします。ウォーター・マッシュルームは空気にさらされていても、水中でも育つ面白い観葉植物です。

お勧めできないもの

一般的ではないもの、つまり珍しいものは、誰もが一度は夢見るでしょうが、初心者にはお勧めできません。なぜなら、珍しいということは、「どんな問題が起きたらどうなる」という症例が少ないし、持っている人、見たことある人が少ないことを意味するからです。

以下に書くものはめずらしい「ために」、お勧めできません。

グラプトフィラム・・・・たぶん大勢の方が、ご存知ないと思います。かなり珍しいと思います

ストレンチア・ノンリーフ・・・管理しやすいのですが、珍しさは超一流ですので、あまりお勧めしません。

ツイスター・・・市場に出回ることはないと言っていいほど稀です。

コウモリラン・・・最近めっきり見られなくなりました

ゴールデンモンキー・・・この植物は、幸運を呼ぶ植物といわれ、非常に少なく珍しいものです。「孫悟空」とも言われます。

今度は管理が難しいのをあげていきます。

カラディウム

冬場は寒さに弱いので注意が必要です。一般的に、屋外もしくは室内で管理していても温度が下がった場合、地上部は冬場、枯れてしまいますので、観賞時期は、春~秋までと考えていた方が良いかもしれません。春植えの球根というような感じで思っていただいていると良いと思います。春以降に、また芽ぶいてきます。

ハートファーン

別名でValentine Fern(バレンタイン ファーン)とか Heart Fern (ハートファーン)とも名付けられているこの植物は、日本では珍しい観葉植物で、シダ植物の仲間です。

マングローブ

沖縄にいる人は見たことがあるでしょう。常に鉢の土が湿っていたり、ハイドロカルチャーの場合、水が溜まっている状態を好む、珍しい植物です。マングローブは熱帯・亜熱帯地域の沿岸や河口に生育する植物の総称のことを主にいいます。寒さには弱めなので冬場は注意してください。

pickup

JR東日本
http://www.jreast.co.jp/
クリーニングの宅配
https://cloak.royal-cleaners.co.jp/

最終更新日:2014/11/26