タイトル
観葉植物とは
観葉植物の歴史
観葉植物の効果
一般的な育て方
種類別の育て方

病気と害虫

観葉植物とインテリア
初心者の観葉植物
Q&A
サイトマップ

観葉植物の歴史

古代において、年中、緑を保つ植物は長寿や繁栄のシンボルとされて、庭園に植栽されることも多かったそうです。また、温帯地域でも、照葉樹林帯や硬葉樹林帯と呼ばれる植物には、葉の美しい植物が多く、古くから観賞の対象にされてきました。

後者に位置する古代ギリシャではアカンサスなどの葉の美しさを愛でて栽培していました。また前者に位置する日本では、サカキなどが宗教などのためにより重要視され、江戸時代には、カエデのような樹木からオモトやカンアオイ、マンリョウなどの小木、草本に至るまで葉の美しい植物を観賞することが盛んになり、多くの変異が集められたそうです。

1799年にはすでにオモトの番付が出版されていたようですし、珍奇な品種は高価で取引されることもありました。1827年には世界で初めての葉変わり植物専門書である「草木奇品可雅見」が、2年後の1829年には草木錦葉集が出版されています。また、一般的な家庭でも軒にシノブを吊るしたりして緑の葉を楽しむなど、観葉文化は日本の都市に日常的に存在していました。ちなみにハボタンはヨーロッパのキャベツが日本で観葉用に改良された物です。

一方、ヨーロッパでは大航海時代以降、世界を股に架けていたので、各地からいろいろな植物も集められました。その中には熱帯産の植物も多くあり、葉の美しいものも温室の発達と共に栽培されるようになりました。

19世紀には、産業革命の進展によりガラスや鉄材の大量生産が可能になることで普及し始め、一方でプラント・ハンター達により厖大(ぼうだい)な種類の植物がもたらされ、熱帯産植物や高山植物の栽培も広まりました。また、一般の建築もガラスの多用により明るくなり、室内に長時間植物を置ける環境が整いました。特にヴィクトリア朝のロンドンではスモッグのため環境が悪化したために、室内に植物を置いて栽培する機運が高まり出したそうです。この時代には特にシダが愛されていました。

幕末から明治維新にかけての頃の日本から、いくつかの葉もの園芸植物がもたらされ、観葉文化に拍車をかけたものと言われています。19世紀のフランスでは、カラジウムやゼラニウムの葉の変化に注目して育種が始まり、これが西欧園芸における葉もの育種の始まりであると思われます。それ以後、主として室内において熱帯、亜熱帯産の葉の美しい植物を栽培することが盛んになり、今日に至っています。

ちなみに、スパティフィラムは70年代にパキラの編みは80年代、それぞれ仕掛け人がいました90年代になると50年代に蘭のバイラスフリ-株生産で脚光を浴びたメリクロンが普及してほとんどの植物に応用され、大量増殖が容易になり生産と販売の国ごとのすみわけが明確に分かれていったと言われていますが、これは掲示板の情報なので、どこからの情報かは書いてありませんでした。

おすすめWEBサイト 5選

脱毛サロンを横浜で探す
http://www.scyokohama.com/

2017/4/27 更新