タイトル
観葉植物とは
観葉植物の歴史
観葉植物の効果
一般的な育て方
種類別の育て方

病気と害虫

観葉植物とインテリア
初心者の観葉植物
Q&A
サイトマップ

最終更新日:2014/10/1

観葉植物の育て方(一般的)

観葉植物を育てたいという人に、一般的な方法を教えましょう。しかし、ここに書いてあるのは、あくまで一般的なものです。植物の種類によっては良くないときもあります。植物の名前がわからない時や、どこにも載っていない時にここにある方法を試してみてください。そして、その後の様子を見て判断してみてください。

光(明るさ)

ほとんどの観葉植物は、光合成をするために明るい場所を好みます。けれど、真夏の直射日光は葉が焼けてしまうので嫌がります。そこで、「一般的な」家庭にある設置場所として、明るい窓辺のカーテンレース越しに設置してください。それが無理でしたら、蛍光灯などのついた明るい場所でも構いません。

一般的に、植物は葉が大きければ大きいほど、光を必要としません。なぜなら、葉が大きいものほど光を溜め込む力があるためです。しかし、逆に葉が小さければ小さいほど、光が必要となります。また、ほとんどの植物はどんな環境にでも適応する能力はあるので、あんまり過敏にならなくても大丈夫です。あまりにも、元気がなかったらもう少し明るい場所や、風通しの良い場所に移動して下さい。

水の量

これが一番難しいです。なぜなら、季節や環境、観葉植物の種類や大きさ、葉の量によって水を吸い上げる量も千差万別です。おおまかに室内の環境であれば、5月~10月までは、1週間に1度。11月~4月までは2週間に1度の割合で水をあげましょう。水の量は鉢から少し、水が出るくらいの量で、溜め水しないようにしましょう。また、1週間になっても土の表面が湿っていたら、水やりを見送る勇気も必要です。熱帯地方に雨季や乾季があるように水やりにはメリハリ、つまり酸素が必要なのです。

幹や枝の細いもの、葉の薄い植物には、お水を蓄えるカが無いのでお水を必要とします。朴物(幹の太いもの)又は葉肉の厚い植物には水分を蓄える力があるので、そんなにお水を必要としません。植物が、水を必要とする時は、土や幹、体に蓄えた水分や酸素が足りなくなった時です。土の表面が乾いてから、2、3日経ってからあげるのがベストです。

肥料

基本的に肥料は必要ないのですが、あげるとするなら、虫などが発生させないためにアルゴフラッシュなどのような液体肥料がお勧めです。あげる時期は5月~7月中が良いでしょう。勘違いしている人もいますが、活力剤(アンプル)は要素ですので、あげるなら肥料成分の入った肥料をお勧め致します。なお、油かすなども非常に良い肥料なのですが、虫が発生しやすいので要注意です。

肥料をあげるとと元気になり、成長も早まりやすいのですが、あんまり伸びすぎると頭の方に養分を行かせるようにする為、下の方の葉を自分で落とします。そうなると、スタイルが悪くなってしまいますので、少なめで構いませんが、忘れないで欲しいのが『肥料より愛情』です。

土や植え替え

小さな鉢植えなどは購入してから、2回りほど大きい植木鉢に取り替えるのがお勧めです。土はホームセンターなどで販売されている観葉植物用の土だけでも問題はないのですが、鉢底にはゴロ土などを入れ、団粒構造の土が最も良いです。植え替えの時期は、成長期の5月~7月中が良いでしょう。

冬場の管理

基本的に、観葉植物は熱帯地方、亜熱帯地方のものが大部分なので、寒さに弱い植物です。枯れる可能性が高いのもやはり冬です。10℃以下になると休眠してしまう植物などもありますので冬の水やりには一番注意が必要な季節です。室温が15℃以上あれば特に問題はないのですが、10℃以下になる環境の場合は、冷たい風が当たらないような場所で管理しましょう。あとは寒暖の落差にも注意が必要です。

乾燥させると虫の発生にもつながりますので、霧吹きなどで軽く吹きかけてあげましょう。できれば、その後に余分な水は、軽く拭き取ってあげてください。

Valuable information

ユニクロ
http://www.uniqlo.com/jp/
千葉の貸事務所検索
http://chiba-tenanto.com/

最終更新日:2014/11/26